長井長義

概要

 長井 長義は、エフェドリンを発見し、日本薬学会初代会頭に就き、日本薬学の始祖とされる薬学者です。

名 前長井 長義 (ながい ながよし)
生没年1845年7月24日(弘化2年6月20日)~1929年(昭和4年)2月10日
出身地阿波国名東郡常三島村薙刀丁(現:徳島県徳島市中常三島町2丁目)
時 代江戸明治大正昭和
備 考

投稿

 長井 長義に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました