中野重治

概要

 中野重治は、プロレタリア文学運動の中心的な1人であり、『中野重治詩集』『村の家』『甲乙丙丁』などを著した小説家・詩人・政治家です。

名 前中野重治 (なかのしげはる)
性 別男性
生没年1902年(明治35年)1月25日~1979年(昭和54年)8月24日
出生地福井県坂井郡高椋村(現:福井県坂井市丸岡町)
没 地
時 代明治大正昭和
父 親
母 親
配偶者原泉
子 供
家 族
備 考



投稿

 中野重治に関する投稿です。

トップページ フォーラム 中野重治

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました