中山修一

概要

 中山 修一は、長岡京の調査・研究において大きな業績を残し、「長岡京発見の父」とも呼ばれる考古学者・歴史地理学者です。

名 前中山 修一
読み方なかやま しゅういち
生没年1915年(大正4年)7月19日~1997年(平成9年)4月30日
出身地京都府乙訓郡新神足村大字勝竜寺小字久貝(現:京都府長岡京市久貝)
時 代大正昭和平成
備 考

投稿

中山 修一に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました