南條範夫

概要

 南條 範夫は、『子守の殿』『燈台鬼』『無明逆流れ』など、残酷ものや剣豪小説などを多く著した小説家・経済学者です。

名 前南條 範夫
読み方なんじょう のりお
別 名(本名)古賀英正
生没年1908年(明治41年)11月14日~2004年(平成16年)10月30日
出身地東京府東京市京橋区南紺屋町(現:東京都中央区銀座)
時 代明治大正昭和平成
備 考直木三十五賞

投稿

南條 範夫に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました