新田次郎

概要

 新田 次郎は、『孤高の人』『八甲田山死の彷徨』『武田信玄』などを著した小説家です。

名 前新田 次郎
読み方にった じろう
別 名(本名)藤原寛人
生没年1912年(明治45年)6月6日~1980年(昭和55年)2月15日
出身地長野県諏訪郡上諏訪町角間新田(現:長野県諏訪市上諏訪角間新田)
時 代明治大正昭和
配偶者藤原てい
子 供藤原正彦
備 考直木三十五賞

投稿

 新田 次郎に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。
ログイン登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました