尾高惇忠

概要

 尾高 惇忠は、幕末の志士であり、明治維新後は富岡製糸場の初代場長などを務めた人物です。

名 前 尾高 惇忠
読み方 おだか あつただ
別 名
生没年 1830年9月13日(文政13年7月27日)~1901年(明治34年)1月2日
出身地 武蔵国榛沢郡下手計村(現:埼玉県深谷市下手計)
時 代 江戸, 明治
備 考

投稿

 尾高 惇忠に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。
ログイン登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました