大久保忠真

概要

 大久保忠真は、京都所司代・老中などを務めるとともに、二宮金次郎を登用し、農村復興などの藩政改革を行った第7代小田原藩主です。

名 前大久保 忠真 (おおくぼ ただざね)
性 別男性
生没年1782年1月15日(天明元年12月2日)頃~1837年4月23日(天保8年3月19日)
出生地江戸(現:東京都)
没 地
時 代江戸
父 親大久保忠顕
母 親杉山氏
配偶者(正室)蜂須賀治昭の娘
子 供大久保忠脩、逸、 偶子、(養子)大久保忠愨
家 族
備 考

投稿

 大久保忠真に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました