大森房吉

概要

 大森 房吉は、日本における地震学の創始者の1人であり、大森式地震計の発明などを行った明治・大正時代の地震学者です。

名 前大森 房吉 (おおもり ふさきち)
生没年1868年10月30日(明治元年9月15日)~1923年(大正12年)11月8日
出身地越前国足羽郡福井城下(現:福井県福井市手寄)
時 代明治大正
備 考

投稿

 大森 房吉に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました