大津皇子

概要

 大津皇子は、天武天皇の崩御後、川島皇子の密告により、謀反の疑いがあるとして捕えられ自害した天武天皇の皇子です。

名 前大津皇子 (おおつのみこ)
生没年663年(天智天皇2年)~686年10月25日(朱鳥元年10月3日)
出生地那大津(現:福岡県福岡市博多区)
没 地自邸(現:春日神社(奈良県桜井市戒重557))
時 代飛鳥
父 親天武天皇
母 親大田皇女
配偶者山辺皇女
子 供粟津王
家 族
備 考

投稿

 大津皇子に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました