大友義鑑

概要

 大友 義鑑は、大友宗麟の父で、大内氏などと争いながら、豊前・豊後・筑後・肥後の4ヵ国に領土を拡大させるが、二階崩れの変で亡くなった戦国大名です。

名 前大友 義鑑 (おおとも よしあき)
生没年1502年(文亀2年)~1550年2月28日(天文19年2月12日)
出身地豊後国(現:大分県)
時 代戦国
父 親大友義長
母 親阿蘇惟憲の娘
配偶者(正室)大内義興の娘、(継室)坊城氏
子 供大友義鎮、大内義長、大友塩市丸一条房基室、河野通宣室、 吉弘鑑理室、小田部鎮元室
家 族
備 考

投稿

 大友 義鑑に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました