頼山陽

概要

 頼 山陽は、尊王攘夷運動に影響を与えた『日本外史』を著した、江戸時代後期の歴史家・思想家です。

名 前 頼 山陽
読み方 らい さんよう
別 名
生没年 1781年1月21日(安永9年12月27日)~1832年10月16日(天保3年9月23日)
出身地 大坂(現:大阪府)
時 代 江戸
備 考

投稿

 頼 山陽に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。
ログイン登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました