了翁道覚

概要

 了翁 道覚は、図書館の先駆けとなる勧学寮の建立や福神漬の考案者として知られる、江戸時代の黄檗宗の僧侶です。

名 前 了翁 道覚
読み方 りょうおう どうかく
別 名
生没年 1630年4月29日(寛永7年3月18日)~1707年6月21日(宝永4年5月22日)
出身地 出羽国雄勝郡八幡村(現:秋田県湯沢市幡野)
時 代 江戸
備 考

投稿

 了翁 道覚に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。
ログイン登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました