真田信之

概要

 真田 信之は、真田昌幸の長男で、関ヶ原の戦いで徳川川につき、初代上田藩松代藩主となった戦国武将です。

名 前真田 信之 (さなだ のぶゆき)
別 名真田信幸
生没年1566年(永禄9年)~1658年11月12日(万治元年10月17日[1])
出身地信濃国(現:長野県)
時 代戦国安土江戸
父 親真田昌幸
母 親山手殿
配偶者(正室)小松姫、(側室)清音院殿、右京
子 供真田信吉、真田信政、真田信重、まん、まさ、道鏡慧端
家 族
備 考

投稿

 真田 信之に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました