三条実美

概要

 三条 実美は、尊王攘夷・討幕派の中心的な人物の1人で、明治新政府で右大臣・太政大臣などを歴任した政治家・公家です。

名 前三条 実美 (さんじょう さねとみ)
別 名(旧字)三條實美
生没年1837年3月13日(天保8年2月7日)~1891年(明治24年)2月18日
出身地山城国京都 (現:京都府京都市)
時 代江戸明治
父 親三条実万
母 親三条紀子
配偶者三条治子
子 供三条公美、三条公輝、河鰭実英、載仁親王妃智恵子、毛利美佐子、大谷章子、平松高子、高倉篤子、酒井夏子、松永末子、(養子)東三条公恭
家 族
備 考

投稿

 三条 実美に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました