佐竹義重(1547年生)

概要

 佐竹 義重は、勇猛さから「鬼義重」とも呼ばれ、北条氏や伊達氏などと争いながら、佐竹氏の全盛期を築き上げた常陸国の戦国武将です。

名 前佐竹 義重 (さたけ よししげ)
生没年1547年3月7日(天文16年2月16日) ~1612年5月19日(慶長17年4月19日)
出身地常陸国(現:茨城県)
時 代戦国安土江戸
父 親佐竹義昭
母 親岩城重隆の娘
配偶者(正室)宝寿院、(側室)細谷氏
子 供佐竹義宣蘆名義広、江戸実通室、岩城貞隆、岩城宣隆、佐竹義直、(養女)岩城常隆室
家 族
備 考

略年表

 佐竹 義重の人生について、簡単に分かりやすくした略年表です。

年齢出来事
1547年(天文16年)1歳生誕
1562年(永禄5年)16歳家督を継ぐ
1569年(永禄12年)23歳手這坂の戦い
1575年(天正3年)29歳白河城を攻略
1584年(天正12年)38歳沼尻の合戦
1585年(天正13年)39歳人取橋の戦い
1589年(天正17年)43歳蘆名氏が摺上原の戦いで大敗
長男・佐竹義宣に家督を譲る
1590年(天正18年)44歳小田原征伐
1591年(天正19年)45歳常陸国統一
1600年(慶長5年)54歳関ヶ原の戦い
1602年(慶長7年)56歳久保田に転封
1612年(慶長17年)66歳狩猟中に落馬し死去

投稿

 佐竹 義重に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました