柴田勝家

概要

 柴田 勝家は、織田家の重臣であり、その功から越前国を領したが、賤ヶ岳の戦いで豊臣秀吉に敗れた戦国大名・武将です。

名 前柴田 勝家 (しばた かついえ)
生没年1522年(大永2年)頃 ~1583年6月14日(天正11年4月24日)
出生地尾張国愛知郡上社村(現:愛知県名古屋市名東区)
没 地越前国北ノ庄城(現:福井県福井市)
時 代戦国安土
父 親
母 親
配偶者お市の方
子 供柴田勝里、柴田勝忠、(養子)柴田勝春、柴田勝政、柴田勝豊、柴田勝敏、佐久間勝之、高城胤則室
家 族
備 考

略年表

 柴田 勝家の人生について、簡単に分かりやすくした略年表です。

年齢出来事
1522年(大永2年)1歳生誕
1556年(弘治2年)35歳那古野城を奪い居城とする
1540年(天文9年)19歳稲生の戦いに敗れ、織田信長に仕える
1568年(永禄11年)47歳織田信長に従い上洛
1570年(永禄13年/元亀元年)49歳姉川の戦い
1573年(元亀4年/天正元年)52歳小谷城の戦い
1575年(天正3年)54歳北ノ庄城主となる
1580年(天正8年)59歳加賀平定
1582年(天正10年)61歳清洲会議
1583年(天正11年)62歳北ノ庄城の戦いで敗北し、自害

(※)年齢は、1522年生誕説の場合です。

投稿

 柴田 勝家に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました