菅実秀

スポンサーリンク

概要

 菅 実秀は、西郷隆盛に師事し『南洲翁遺訓』を刊行するとともに、松ヶ岡開墾、「六十七銀行」(現:荘内銀行)の創立など、鶴岡の発展に尽力した人物です。

名 前 菅 実秀
読み方 すげ さねひで
別 名
生没年 1830年2月1日(文政13年1月8日)~1903年(明治36年)2月17日
出身地 出羽国田川郡鶴岡(現:山形県鶴岡市)
時 代 江戸, 明治
備 考

投稿

 菅 実秀に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました