武市半平太

概要

 武市 半平太は、幕末に土佐勤王党を結成し、藩論を尊王攘夷に向かわせたが、八月十八日の政変で公武合体に政局が変わる中、投獄・死去した志士です。

名 前武市 半平太 (たけち はんぺいた)
別 名武市瑞山
生没年1829年10月24日(文政12年9月27日)~1865年7月3日(慶応元年閏5月11日)
出身地土佐国吹井村(現:高知県高知市仁井田)
時 代江戸
備 考

投稿

 武市 半平太に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました