寺島宗則

スポンサーリンク

概要

 寺島 宗則は、日本初の電信事業を進め、「日本電気通信の父」と呼ばれるとともに、その後、外務卿として関税自主権回復などの外交問題にあたった人物です。

名 前 寺島 宗則
読み方 てらしま むねのり
別 名 (幼名)徳太郎
生没年 1832年6月21日(天保3年5月23日)~1893年(明治26年)6月6日
出身地 薩摩国出水郡出水郷脇本村字槝之浦(現:鹿児島県阿久根市脇本字槝之浦)
時 代 江戸, 明治
備 考

投稿

 寺島 宗則に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました