徳川綱吉

概要

 徳川 綱吉は、館林藩初代藩主だったが第5代徳川将軍となり、湯島聖堂の建立、「生類憐れみの令」の制定などを行った人物です。

名 前徳川 綱吉 (とくがわ つなよし)
別 名(幼名)徳松、(別名)松平綱吉
生没年1646年2月23日(正保3年1月8日)~1709年2月19日(宝永6年1月10日)
出身地江戸・江戸城(現:東京都千代田区)
時 代江戸
父 親徳川家光、(義父)徳川家綱
母 親桂昌院
配偶者(正室)鷹司信子、(側室)瑞春院、寿光院、清心院 他
子 供鶴姫、徳川徳松、(養子)徳川家宣、八重姫、喜知姫、松姫、竹姫、(猶子)尊統法親王
家 族
備 考

投稿

 徳川 綱吉に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました