津島美知子

概要

 津島 美知子は、太宰治の妻で、『女神』『十二月八日』など、太宰治の作品に数多く登場した女性です。

名 前津島 美知子
読み方つしま みちこ
別 名(旧姓名)石原美知子
生没年1912年(明治45年)1月31日~1997年(平成9年)2月1日
出身地島根県那賀郡浜田町(現:島根県浜田市)
時 代明治大正昭和
備 考

投稿

 津島 美知子に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。
ログイン登録

コメント

タイトルとURLをコピーしました