内田魯庵

概要

 内田 魯庵は、明治・大正時代に、ドストエフスキー『罪と罰』などの翻訳、小説『社会百面相』などの執筆、文壇の俗物性を皮肉るなど文芸評論を行った人物です。

名 前内田 魯庵 (うちだ ろあん)
別 名(本名)内田貢
生没年1868年5月26日(慶応4年閏4月5日)~1929年(昭和4年)6月29日
出身地江戸下谷車坂六軒町(現:東京都台東区)
時 代江戸明治大正昭和
備 考

投稿

 内田 魯庵に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました