植村正久

概要

 植村 正久は、「東京神学社」の創設など、神学校育と伝道者養成などを行い日本のキリスト教教会の形成に大きな役割を果たした人物です。

名 前植村 正久 (うえむら まさひさ)
生没年1858年1月15日(安政4年12月1日)~1925年(大正14年)1月8日
出生地江戸芝露月町(現:東京都港区)
没 地
時 代明治大正昭和
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考

投稿

植村 正久に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました