上杉憲政

概要

 上杉 憲政は、関東管領で上野国を治めていたが、武田氏・北条氏に攻められ、長尾景虎を頼り越後に落ち延び、御館の乱で上杉景虎につき殺害された人物です。

名 前上杉 憲政 (うえすぎ のりまさ)
生没年1523年(大永3年)~1579年4月13日(天正7年3月18日)
出身地不明
時 代室町戦国
父 親上杉憲房
母 親
配偶者龍若丸、上杉憲藤、上杉憲重、上杉憲武、上杉長憲、(養子)上杉憲勝、長尾景虎、長尾保家
子 供
家 族
備 考

略年表

 上杉 憲政の人生について、簡単に分かりやすくした略年表です。

年齢出来事
1523年(大永3年)1歳生誕
1531年(享禄4年)9歳家督を継ぎ、関東管領就任
1546年(天文15年)24歳河越城の戦い
1547年(天文16年)25歳小田井原の戦い
1552年(天文21年)30歳越後に逃亡
1557年(弘治3年)35歳長尾景虎を養子とする
1561年(永禄4年)39歳関東管領を長尾景虎に譲る
1578年(天正6年)56歳上杉謙信死去
1579年(天正7年)57歳御館の乱の中、殺害される

投稿

 上杉 憲政に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました