山名宗全

概要

 山名宗全は、但馬国・備後国・安芸国・伊賀国・播磨国などの支配した大守護で、応仁の乱で西軍の総大将となった守護大名 です。

名 前山名 宗全 (やまな そうぜん)
別 名(諱)山名持豊
性 別男性
生没年1404年7月6日(応永11年5月29日)~1473年4月15日(文明5年3月18日)
出生地但馬国(現:兵庫県)
没 地
時 代室町戦国
父 親山名時熙
母 親山名氏清の娘
配偶者
子 供山名教豊、山名是豊、山名勝豊、山名政豊、山名時豊、山名豊久 他
家 族
備 考

略年表

 山名宗全の人生について、簡単に分かりやすくした略年表です。

年齢出来事
1404年(応永11年)1歳生誕
1433年(永享5年)30歳家督相続
1440年(永享12年)37歳侍所所司となる
1441年(永享13年/嘉吉元年)38歳嘉吉の乱
1454年(享徳3年)51歳但馬に隠退
1458年(長禄2年)55歳幕政復帰
1467年(文正2年/応仁元年)64歳応仁の乱
1472年(文明4年)69歳和平交渉失敗
1473年(文明5年)70歳病死

投稿

 山名宗全に関する投稿です。

トップページ フォーラム 山名宗全

  • 空のフォーラムです。
  • トピックが見つかりませんでした。
  • 新しいトピックを作成するにはログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました