吉田兼好

概要

 吉田 兼好は、日本三大随筆の1つ『徒然草』を著した鎌倉時代の随筆家・歌人・朝臣です。

名 前吉田 兼好 (よしだ けんこう)
別 名(本名)卜部兼好、(別名)兼好法師
生没年1283年(弘安6年)頃~不明
出生地京(現:京都府京都市)
没 地
時 代鎌倉室町
父 親
母 親
配偶者
子 供
家 族
備 考



投稿

 吉田 兼好に関する投稿です。

  • 空のフォーラムです。
  • 投稿はありません。
  • 新しい投稿を作成するには登録・ログインする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました