兵庫県の出身者・ゆかりのある人物

概要

 兵庫県の出身者や兵庫県にゆかりのある人物の一覧を掲載しています(五十音順)

 ※出身地は生まれた都道府県、出身地の市町村は現在の市町村、出没年は西暦で掲載しています。

一覧

名前出没年出身地概要
出身者

あかぎ まさお

赤木 正雄
1887年~1972年兵庫県
豊岡市
議員官僚
「全国治水砂防協会」の発足など、日本の砂防の基礎を築き、「砂防の父」と称される人物
出身者

あかまつ はるまさ

赤松 晴政
1495年~1565年兵庫県
大名武将
播磨・備前・美作の守護であったが、守護代の浦上氏などの反抗から衰退を招いた赤松氏の第11代当主
出身者

あかまつ みつすけ

赤松 満祐
1381年~1441年兵庫県
大名武将
播磨・備前・美作の守護大名であったが、将軍足利義教の専制に反発・対立し、嘉吉の乱で足利義教を殺害した武将
出身者

あく ゆう

阿久 悠
1937年~2007年兵庫県
洲本市
作詞家作家
『UFO』『また逢う日まで』『勝手にしやがれ』など、昭和時代に、数々のヒット曲を送り出した作詞家
出身者

あさしお たろう

朝潮 太郎(3代)
1929年~1988年兵庫県
神戸市
力士
第46代横綱となった昭和の大相撲力士
ゆかり

あさの ながのり

浅野 長矩
1667年~1701年東京都
中央区
藩主
江戸城本丸松の廊下で吉良上野介に対する刃傷事件を起こした人物で、『忠臣蔵』の浅野内匠頭として有名な赤穂藩主
出身者

あしや どうまん

蘆屋 道満
不明~不明兵庫県
加古川市
神職
安倍晴明との式神対決で敗れたとされる平安時代の陰陽師
出身者

あずま きょうまる

東 京丸
1947年~2021年兵庫県
豊岡市
芸人
漫才コンビ「東京丸・京平」として活動した漫才師
出身者

あずま たつぞう

東 辰三
1900年~1950年兵庫県
作曲家作詞家
『港が見える丘』『泪の乾杯』『君待てども』などを作詞・作曲した音楽家
ゆかり

あたぎ ふゆやす

安宅 冬康
1528年~1564年不明
不明
武将
兄の三好長慶を支え、淡路を治めたが、逆心を疑われ三好長慶に自害させられた戦国時代の武将
出身者

あみや きちべえ

網屋 吉兵衛
1785年~1869年兵庫県
神戸市
実業家社会事業家
神戸に私財を投じ船蓼場を建設し、神戸港築港の先駆者とされる江戸時代の呉服商
ゆかり

あわしま ちかげ

淡島 千景
1924年~2012年東京都
女優
宝塚歌劇団出身で、映画『駅前シリーズ』『妻として女として』『白と黒』などに出演し、東宝の看板女優として活躍した人物
出身者

あんどう ひろたろう

安藤 広太郎
1871年~1958年兵庫県
丹波市
学者
世界で初めてイネの人為交配による新種の作成に成功するなど、近代遺伝学を導入し、米などの品種改良などに尽力した農学者
ゆかり

あーさー・へすけす・ぐるーむ

アーサー・ヘスケス・グルーム
1846年~1918年イギリス
実業家
幕末から明治時代にかけて六甲山の開発に尽力し、「六甲山開祖」と呼ばれたイギリス人実業家
出身者

いうえ としお

井植 歳男
1902年~1969年兵庫県
淡路市
実業家
「松下電気器具製作所」(現:パナソニック)の創業メンバーで、後に電機メーカー「三洋電機」を創業した実業家
ゆかり

いけだ つねおき

池田 恒興
1536年~1584年愛知県
大名武将
織田信長の乳兄弟であり、重臣として織田信長豊臣秀吉に仕えた武将
ゆかり

いけだ てるまさ

池田 輝政
1565年~1613年愛知県
清須市
大名武将藩主
織田信長豊臣秀吉徳川家康に仕え、姫路藩の初代藩主となり姫路城の大修復を行った戦国大名・武将
ゆかり

いけだ みつまさ

池田 光政
1609年~1682年岡山県
岡山市
藩主
江戸時代前期に、姫路藩主・鳥取藩主となった後、岡山藩主として閑谷学校の開校など、藩政改革を行った人物
出身者

いしはら ゆうじろう

石原 裕次郎
1934年~1987年兵庫県
神戸市
俳優歌手
映画『嵐を呼ぶ男』やドラマ『太陽にほえろ!』などで人気を博した、昭和の大スターである俳優・歌手
出身者

いじち けい

伊地智 啓
1936年~2020年兵庫県
プロデューサー
映画『太陽を盗んだ男』『セーラー服と機関銃』『あぶない刑事』などを手掛けた映画プロデューサー

 他の都道府県の出身者・ゆかりのある人物については、「人物の都道府県一覧」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました