宮崎県の出身者・ゆかりのある人物

概要

 宮崎県の出身者や宮崎県にゆかりのある人物の一覧を掲載しています(五十音順)

 ※出身地は生まれた都道府県、出身地の市町村は現在の市町村、出没年は西暦で掲載しています。

一覧

名前出没年出身地概要
出身者

あきづき さつお

秋月 左都夫
1858年~1945年宮崎県
外交官実業家

駐ベルギー公使時代、日本にイギリスのボーイスカウト活動を伝えた戦前の外交官

出身者

いしい じゅうじ

石井 十次
1865年~1914年宮崎県
高鍋町
社会事業家

「岡山四聖人」の1人とされ、岡山孤児院を創設し「児童福祉の父」と言われる、明治時代の慈善事業家

ゆかり

いじゅういん ただざね

伊集院 忠真
1576年~1602年鹿児島県
武将

伊集院忠棟の嫡男で、島津氏の家臣だったが、「庄内の乱」で反旗を翻し、後に殺害された戦国武将

出身者

いとう すけたか

伊東 祐兵
1559年~1600年宮崎県
大名武将藩主

島津氏の侵攻で日向から脱出、豊後や伊予に流れるが、豊臣秀吉に仕え、九州平定での案内役の功で、旧領の一部を取り戻した戦国大名

出身者

いとう まんしょ

伊東 マンショ
1569年~1612年宮崎県
西都市
教職者信者

江戸時代初期のキリシタンで天正遣欧少年使節の主席正使

出身者

いとう よしすけ

伊東 義祐
1512年~1585年宮崎県
宮崎市
大名武将

伊東氏の最盛期を築くが、島津義久に敗れた戦国大名・武将

出身者

いとう よします

伊東 義益
1546年~1569年宮崎県
大名武将

伊東氏17代当主で、伊東義祐と共に伊東家の全盛期を築き、家臣・領民からも慕われていたが、病で早世した戦国大名

出身者

いのうえ たかし

井之上 隆志
1960年~2017年宮崎県
俳優

名脇役として、テレビドラマ『ドクターX』『相棒』など、数多くの作品に出演した俳優

出身者

いわきり しょうたろう

岩切 章太郎
1893年~1985年宮崎県
宮崎市
実業家

宮崎を観光地として整備し「宮崎観光の父」とも言われる、バス会社「宮崎交通」の創業者

出身者

うえはら ゆうさく

上原 勇作
1856年~1933年宮崎県
都城市
大臣軍人

明治時代、工兵の近代化に貢献し、「日本工兵の父」と称されるとともに、陸軍で強力な軍閥(上原閥)を築き上げた帝国陸軍軍人

出身者

おざわ じさぶろう

小沢 治三郎
1886年~1966年宮崎県
高鍋町
軍人

南遣艦隊司令長官・第三艦隊司令長官・連合艦隊司令長官を務め、太平洋戦争を戦った帝国海軍軍人

出身者

かい そううん

甲斐 宗運
1515年~1583年宮崎県
武将

阿蘇氏の家臣で、大勢力の大友氏・龍造寺氏・島津氏の狭間で、阿蘇氏の生き残りに尽力した戦国武将

出身者

かつみ しげる

克美 しげる
1937年~2013年宮崎県
宮崎市
歌手

ジョン・レイトンの『霧の中のジョニー』のカバー曲のヒットやテレビアニメ『エイトマン』の主題歌などを歌ったが、後に殺人事件を犯した歌手

出身者

かわごえ すすむ

川越 進
1848年~1914年宮崎県
宮崎市
議員議長

宮崎県が鹿児島県の一部であったとき、鹿児島県会議員・議長として宮崎県の分県に尽力した政治家

出身者

くろき やすお

黒木 靖夫
1932年~2007年宮崎県
西都市
実業家デザイナー

電機メーカー「ソニー」に勤め、ウォークマンの開発などを行い、「Mr.ウォークマン」と呼ばれた実業家・工業デザイナー

出身者

こむら じゅたろう

小村 寿太郎
1855年~1911年宮崎県
日南市
外交官

ポーツマス条約の締結や関税自主権の回復に尽力を尽くした外交官

ゆかり

しまづ いえひさ

島津 家久
1547年~1587年鹿児島県
武将

島津貴久の四男で、沖田畷の戦いで龍造寺氏を打ち破り、戸次川の戦いで豊臣連合軍の先発隊に勝利するなどした戦国武将

ゆかり

しまづ とよひさ

島津 豊久
1570年~1600年鹿児島県
武将

島津家久の嫡男で、朝鮮の役・庄内の乱などで軍功を挙げるが、関ヶ原の戦いの島津の退き口で戦死した戦国武将

出身者

じんむてんのう

神武天皇
不明~不明宮崎県
天皇

日向から数々の苦難を乗り越え中洲を征し、橿原の地に都を開いたとされる初代天皇

出身者

すぎうち まさお

杉内 雅男
1920年~2017年宮崎県
棋士

囲碁一筋で「囲碁の神様」の異名をとり、数々の最年長記録を樹立し死去するまでの現役を続けた囲碁棋士


 他の都道府県の出身者・ゆかりのある人物については、「人物の都道府県一覧」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました