福岡県の学者・研究者・教育者

概要

 福岡県で生まれたり、福岡県にゆかりのある学者・研究者・教育者の一覧を掲載しています(五十音順)

 ※出身地は生まれた都道府県、出身地の市町村は現在の市町村、出没年は西暦で掲載しています。

  福岡県の出身者・ゆかりのある人物全体については、「福岡県の人物」をご覧ください。

一覧

名前出没年出身地概要
出身者

あかまつかなめ

赤松要
1896年~1974年福岡県
久留米市
学者

途上国による先進国へのキャッチアップ過程を説明した「雁行形態論」などを提唱した経済学者

出身者

いのうえてつじろう

井上哲次郎
1856年~1944年福岡県
太宰府市
学者詩人

明治時代に、ドイツ観念論哲学を日本に紹介し、帝国大学で日本人初の哲学教授となった哲学者・詩人

出身者

かいばらえきけん

貝原益軒
1630年~1714年福岡県
学者藩士

福岡藩医であり、『大和本草』『養生訓』などを著した、江戸時代の本草学者・儒学者

ゆかり

たかくふみまろ

高久史麿
1931年~2022年韓国
学者医者

造血細胞の研究などを行い、「骨髄移植推進財団」(現:日本骨髄バンク)の設立にも携わった医学者・医師

出身者

だんたくま

團琢磨
1858年~1932年福岡県
福岡市
実業家学者官僚

三井三池炭鉱の経営を成功させ、三井財閥の総帥となるが、血盟団により暗殺された戦前の実業家

出身者

みすみじゅうじ

三隅二不二
1924年~2002年福岡県
学者

独自のリーダーシップ論のPM理論を提唱した心理学者・経営学者

ゆかり

みやざきやすさだ

宮崎安貞
1623年~1697年広島県
学者

農民を指導し、『農業全書』を著した江戸時代前期の農学者


 他の都道府県の出身者・ゆかりのある人物については、「人物の都道府県一覧」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました