フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


かぼちゃ

かぼちゃ

  かぼちゃ
別名:カボチャ、南瓜
16世紀~

黄色い果実が食されるウリ科カボチャ属の野菜



年表

原産地

日本かぼちゃは中米、西洋かぼちゃは中南米、ペポカボチャは北米・中米が原産地と言われている。


16世紀

この頃、日本かぼちゃが日本に伝来する

カンボジアを経て、ポルトガル船により九州に渡来し、その後、普及したと言われている。
なお、「かぼちゃ」という呼び方は、「カンボジア」が訛ったものと言われている。


19世紀中頃

この頃、西洋かぼちゃが日本に伝来する

アメリカから伝来するが、普及せず。


明治初期

この頃、西洋かぼちゃが再導入される

北海道・東北・長野などで普及し、現在、日本では西洋かぼちゃが主流。


1895年(明治28年)

この頃から、宮崎市で「日向かぼちゃ」が栽培されていたとされる記録がある


1980年頃

この頃、丹生川村にかぼちゃの種が持ち込まれる(「宿儺かぼちゃ」の始まり)

越後の杜氏の娘が岐阜県丹生川村に嫁ぐ際に、種を持参したのが起源とされる。
(古くから栽培されていたという説もある。)


参考

favicon-book小崎格他監修「花図鑑 野菜+果物 (草土花図鑑シリーズ)

favicon-book柳原一成『近茶流宗家 柳原一成が選ぶ 日本の伝統野菜





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告