桜会

   

年表

1930年(昭和5年)

9月 結成

橋本欣五郎を中心とし、クーデターにより国家改造を行い、軍政府の樹立を目的とし、結成。
 
【主要メンバー】

名前 陸士 所属 後年の主要履歴
橋本欣五郎 23期 参謀本部員・ロシア班長 野戦重砲第2連隊長、大日本青年等統領
根本博 23期 参謀本部員・支那班長 北支那方面軍司令官
長勇 28期 参謀本部付 第32軍参謀長(沖縄戦で戦死)
馬奈木敬信 28期 参謀本部員 第37軍参謀長
和知鷹次 26期 参謀本部員・陸大教官 特務工作で活躍
天野勇 35期 参謀本部付勤務 関東軍情報部支部長
野田又男 35期 近衛連隊付 ノモンハン事件で負傷病死
藤塚止戈夫 27期 参謀本部員(ロシア班) 第6航空軍参謀長
田中弥 33期 参謀本部員(ロシア班) 陸大教官、1936年10月自殺
影佐禎昭 26期 参謀本部員(支那課) 汪兆銘脱出工作に活躍
小原重孝 32期 参謀本部付勤務(ロシア班) 第25師団参謀長
田中信男 24期 近衛歩兵2連隊大隊長 第33師団長
(※)10月事件で検束された12人
(出典)伊藤隆「日本の歴史 第30巻 十五年戦争」、1976年、小学館


3月 三月事件


1931年(昭和6年)

10月 十月事件

クーデターを計画するが発覚し、主要メンバーは検束され、解散に至る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました