フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


真田幸村

真田幸村

  さなだゆきむら
別名:弁丸(幼名)、真田信繁
1567年(永禄10年)~1615年6月3日(慶長20年5月7日)

豊臣家臣として、大阪の陣で活躍した戦国・江戸時代の武将



概要

 戦国時代の信濃国(現在の長野県)の武将である。
 上田城主・真田昌幸の次男として、武田家滅亡後、上田城の戦いに参加。関ヶ原の戦いでは、父・昌幸に従い、西軍に属し、関ヶ原へと向かう徳川秀忠と戦う。しかし、関ヶ原の戦いで西軍は配属し、父・昌幸とともに九度山への蟄居を命じられる。
 しかし、1614年(慶長19年)に豊臣家と徳川家の対立が表面化し、大阪冬の陣に参加。幸村は真田丸を築き、徳川方を撃退する。しかし、大阪夏の陣では、徳川家康を追い詰めるが、戦死する。


年表

真田幸村に関する年表・年譜です。

西暦(年号) 年齢 出来事
1567年
(永禄10年)
0歳 武藤喜兵衛(後の真田昌幸)の次男として生まれる。
1575年
(天正3年)
8歳 長篠の戦いで、父・昌幸の兄・信綱、昌輝が亡くなり、昌幸が真田家を継ぐ。これに伴い、昌幸は上野国岩櫃城代となり、岩櫃へ移る。
1582年
(天正10年)
15歳 3月 武田家が滅亡するが、真田家は織田信長に恭順し上野国吾妻郡・利根郡、信濃国小県郡の所領を安堵される。
1585年
(天正10年)
18歳 第1次上田合戦
1594年
(文禄3年)
27歳 従五位下左衛門佐に叙任され、豊臣姓を下賜される。
1600年
(慶長5年)
33歳 関ヶ原の戦いが起こり、真田家は徳川秀忠と上田城で戦う(第2次上田合戦)
関ヶ原の戦いで西軍が負け、父・昌幸とともに、紀伊国九度山に蟄居を命じられる。
1612年
(慶長17年)
45歳 出家し、好白と名乗る
1614年
(慶長19年)
47歳 大坂冬の陣が起こり、大阪城へ入城。真田丸という出城を作り、勝利する(真田丸の戦い)
1615年
(慶長20年)
48歳 大坂夏の陣が起こり、敗北・死去する。
(※)年齢は、数え年ではなく満年齢


小説

真田幸村を主人公とした小説です。

favicon-book菊池寛「真田幸村

favicon-book柴田錬三郎「真田幸村〈新装版〉 真田十勇士 (文春文庫)

favicon-book土橋治重「真田三代記」

favicon-book池波正太郎「真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

favicon-book海音寺潮五郎「真田幸村〈上〉 (人物文庫)

favicon-book海音寺潮五郎「真田幸村〈下〉 (人物文庫)

favicon-book佐竹申伍「真田幸村―家康が怖れた男の生涯 (PHP文庫)

favicon-book井口朝生「真田幸村〈上〉 (時代小説文庫)

favicon-book井口朝生「真田幸村〈下〉 (時代小説文庫)


ゆかりの地・施設

真田幸村に関する施設やゆかりの地です。

名称 住所 備考
上田城跡公園 長野県上田市大手1丁目11−16
真田山長谷寺 長野県上田市真田町長4646 真田幸村は祀られていないが、祖父・真田幸隆、父・真田昌幸の菩提所
真田宝物館 長野県長野市松代町松代4−1
大阪城天守閣 大阪府大阪市中央区大阪城1-1
安居神社 大阪府大阪市天王寺区逢阪1丁目3−24 真田幸村終焉の地とされ、記念碑が立っている
鎌八幡 大阪府大阪市天王寺区空清町4−2 大坂冬の陣に当たり、真田幸村が戦勝祈願をしたとされる
三光神社 大阪府大阪市天王寺区玉造本町14−90 真田丸跡地とされ、「真田の抜け穴」や真田幸村像が立っている
心眼寺 大阪府大阪市天王寺区餌差町2−22 真田幸村と子・大助の供養のため江戸時代に建立された
善名称院(真田庵) 和歌山県伊都郡九度山町九度山1413 境内には「真田地主大権現」「宝物資料館」が、近隣には「真田古墳」があります


現在地
ルートを検索


イベント・祭り

真田幸村に関するイベント・祭りです。

松代藩真田十万石まつり

松代藩の善政を称えた祭りだが、真田一族全体の祭りとなっている。

favicon-event松代藩真田十万石まつり


上田真田まつり

favicon-event上田真田まつり





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告