フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


真田幸隆

真田幸隆

  さなだゆきたか
別名:真田幸綱
1513年(永正10年)~1574年(天正2年)

武田信玄に仕え、武田24将の一人でもある戦国時代に活躍した武将



概要

 戦国時代の武田家配下の武将で、武田24将の1人である。真田昌幸の父・真田幸村の祖父。
 一般的には、真田幸隆という名称が一般的だが、歴史上の文献ではほとんど「幸隆」という名は使われておらず、「幸綱」となっている。


年表

1513年(永正10年)(1歳)

この年、誕生。
ただ、海野氏や滋野一族との関係が深いといわれるが、その出自については不明


1537年(天文6年)(25歳)

この年、長男・信綱誕生


1541年(天文10年)(29歳)

5月 海野平合戦

武田・村上・諏訪軍に攻められ敗退し、海野棟綱らと上杉氏の上野国へ亡命。


1546年(天文15年)(34歳)

上杉氏のもとを去り、この頃から武田氏に臣従する。


1547年(天文16年)(35歳)

この年、三男・昌幸誕生(一説では天文14年という説もあり)

8月 武田軍が志賀城を攻撃

この頃から、武田軍の戦いなどに参加


1548年(天文17年)(36歳)

2月 上田原の戦い

武田晴信が村上義清に敗北

7月 塩尻峠の戦い

武田軍が小笠原長時を撃破


1550年(天文19年)(38歳)

7月 村上氏攻略実現を条件に、武田晴信が小県郡諏訪方・上条で1000貫文の所領を与えることを約す
10月 武田晴信が村上氏の戸石城攻略失敗

いわゆる「戸石崩れ」


1551年(天文20年)(39歳)

5月 幸隆が戸石城を乗っ取る


1553年(天文22年)(41歳)

1月 戸石城に小山田虎満が在住

真田幸隆もこの城に在住していた可能性がある

8月 昌幸の甲府出仕を条件に秋和で350貫分加増

この頃、本領を回復したと考えられる

9月 第1次川中島の合戦


1555年(弘治元年)(43歳)

4月 第2次川中島の合戦(~閏10月)


1556年(弘治2年)(44歳)

8月 小山田虎満とともに尼飾城を攻略


1557年(弘治3年)(45歳)

2月 第3次川中島の合戦(~10月)

小山田虎満らと共に活躍


1558年(永禄元年)(46歳)

4月 小山田虎満・真田幸隆に尼飾城の在城を命じる


1560年(永禄3年)(48歳)

11月 幸隆も含め、信濃国衆が長尾景虎に太刀を贈る

長尾景虎が上洛し、将軍・義輝から信濃攻略の大義名分を得たため、信玄配下の信濃国衆の間で動揺が出た。


1561年(永禄4年)(49歳)

9月 第4次川中島の合戦

川中島の合戦の中でも最も激しく有名な戦い。この戦で昌幸が初陣


川中島の戦い


1562年(永禄5年)(50歳)

6月 上野国・鎌原城に配置される

武田軍の上野国攻略に当たり、北信濃攻略から西上野攻略の先兵としての役割に転属。


1563年(永禄6年)(51歳)

12月 上杉家の調略で上野国の齋藤越前入道が謀反

一時は岩櫃城を占拠するが、上野国衆と幸隆らが追放


1564年(永禄4年)(52歳)

5月 信玄が倉賀野城に飯富虎昌・真田幸隆らを配備


1565年(永禄8年)(53歳)

この年初頭より、出家して、一徳斎と称する

11月 真田一徳斎が齋藤氏が籠る嵩山城を攻略

この年初めより、籠城していた齋藤氏を滅亡させる(吾妻郡制圧)


1567年(永禄10年)(55歳)

3月 真田一徳斎が上野・白井城を攻略

信玄が、真田一徳斎・信綱に残留を指示。
これ以降、武田軍は駿河攻略などを行うが、真田一徳斎・信綱親子はこれに参加せず、対上杉の監視・防衛に当たる。


1570年(元亀元年)(58歳)

4月 家督を信綱に譲る


1573年(天正元年)(61歳)

4月 武田信玄死去


1574年(天正2年)(62歳)

5月 真田一徳斎死去


ゆかりの地・施設

真田幸隆に関する施設やゆかりの地です。

上田原古戦場の碑

上田原の古戦場には、碑が建っています。

favicon-monument上田原古戦場の碑(長野県上田市上田原)


真田山長谷寺

真田幸隆、真田昌幸の菩提所です。


favicon-temple真田山長谷寺(長野県上田市真田町長4646)


真田宝物館

真田家の文化財などが収蔵されています。

favicon-museum真田宝物館(長野県長野市松代町松代4−1)


イベント・祭り

真田幸隆に関するイベント・祭りです。


参考

favicon-book平山優「真田三代 (PHP新書)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告