大正
   

年表

弥生時代

原産地は中国の登呂遺跡などからの種子が見つかっており、この頃には食べられていたと考えられている。


奈良時代

この時代には栽培される

『日本書紀』(720年)に、凶作に備えての植栽を奨励する記載がある。


江戸時代中期

これ以降、多くの品種が誕生する。


明治時代

この時代、「長十郎」「二十世紀」などの品種が誕生する。

これ以降、この2大品種が一般的な時代が続く。


参考

favicon-book小崎格他監修「花図鑑 野菜+果物 (草土花図鑑シリーズ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました