フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


ほうれんそう

ほうれんそう

  ほうれんそう
別名:ホウレンソウ、ほうれん草
江戸時代~

鉄分が多く含まれているアカザ科の野菜



年表

原産地

原産地は、トルコ東部からイラン北部一帯といわれ、ペルシャへはかなり古くから栽培されている。
イスラム教徒の聖地巡礼で、東西に広がったといわれている。


11世紀

アフリカを経由し、スペインに伝わる。


15世紀

この頃、ヨーロッパに伝わったとされるが、特にオランダでは改良が進み、西洋種が誕生したとされる。


江戸時代初期

この頃、中国から長崎に東洋種が日本に伝えられる

『多識編』(1631年)、『本朝食鑑』(1697年)、『農業全書』(1696年)に記載されている。


江戸時代末期

この頃、フランスから西洋種が日本に伝えられる

ただし、明治時代までは高級野菜として扱われる


昭和40年代

この頃から、栽培量が増加

現在、東洋種と西洋種の交雑種が主流となっている。


参考

favicon-book小崎格他監修「花図鑑 野菜+果物 (草土花図鑑シリーズ)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告