フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


巣鴨プリズン

巣鴨プリズン

  すがもぷりずん
別名:スガモプリズン、巣鴨拘置所
1937年(昭和12年)~1958年(昭和33年)

太平洋戦争後、極東軍事裁判でA級戦犯が処刑された拘置所



年表

1937年(昭和12年)

この年、市谷刑務所が巣鴨に移転

巣鴨刑務所があったが関東大震災で被害を受け、巣鴨刑務所は府中に移転。その跡地に、新庁舎が新築され、市谷刑務所が移転することになった。
そして未決囚を収容していたため、「東京拘置所」と改称され、主に思想犯を中心に拘置される。


1945年(昭和20年)

11月 GHQにより接収され、戦犯容疑者が多数収容される

GHQの接収により、「スガモプリズン」と呼ばれるようになる。


1948年(昭和23年)

12月23日 A級戦犯が絞首刑に処せられる


1952年(昭和27年)

4月 巣鴨プリズンは日本に移管される

平和条約の発効による措置(巣鴨刑務所となる)


1958年(昭和33年)

5月 巣鴨刑務所閉鎖

その後の再開発で、現在はその跡地にサンシャインシティが建てられている。


ゆかりの地・施設

巣鴨プリズンの歴史に関する施設・ゆかりの地です。

東池袋中央公園

東池袋中央公園は、巣鴨プリズンの跡地であり、その片隅に慰霊碑「平和の碑」が建立されている。

favicon-park東池袋中央公園(東京都豊島区東池袋3-1-6)


地図

現在地
ルートを検索




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告