フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


さつまいも

さつまいも

  さつまいも
別名:サツマイモ、甘藷
江戸時代~

日本で古くから食されてきた根菜類



年表

紀元前3000年

原産地は中央アメリカで、この頃にはすでに栽培されていた。


紀元前2000年

この頃には、南アメリカに伝わったとされる。


16世紀

この頃、コロンブスによりスペインに持ち込まれ、ヨーロッパ・アフリカに伝わった。


1602年(慶長7年)

この年、中国より日本に導入

琉球の野国総管が、中国より救荒作物として持ち帰ったという記録がある。


1615年(慶長20年/元和元年)

この年、三浦按針が長崎に伝える

イギリス人の三浦按針(ウィリアム・アダムス)が平戸に持ち込んだとされる。

この後、沖縄や九州の一部で広がる


1705年(宝永2年)

この頃から、本格的な普及が始まる

薩摩の漁夫・前田利右衛門が琉球からさつまいもを持ち帰り、山川町で普及させ、本格的な普及が始まったとされる。


1735年(享保20年)

青木昆陽がさつまいも栽培に成功

飢饉対策として、青木昆陽が川越で栽培に成功
これ以降、川越とその周辺で採れるさつまいもは味がよいと有名になった。


明治時代

この頃、木崎村の農家が変異種を発見(「紅赤」の始まり)

埼玉県の伝統野菜である「川越さつまいも(紅赤)」は、この頃、木崎村(現:さいたま市)の農家・山田イチが発見。


1998年(平成10年)

鹿児島県で「安納いも」が登録

太平洋戦争後、南方の国から兵士が持ち帰った苗を、種子島の安納地区で栽培したのが、「安納いも」の原種だといわれる。
その後、鹿児島県の農業試験場で改良・育成され、この年、「安納いも」として登録。


参考

favicon-book小崎格他監修「花図鑑 野菜+果物 (草土花図鑑シリーズ)

favicon-book柳原一成『近茶流宗家 柳原一成が選ぶ 日本の伝統野菜





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告