うどん

平成

おじやうどん

年表 戦前 大阪人は飯とうどんを一緒に食べるため、戦前、ウサミ亭松葉屋が、ひとつ鍋で売り出した。 安上がりで、おなかも膨れるので、当時船場で働いていた店員や会社勤めの人に受けた。 昭和30年頃 戦前、このおじやうどんを...
大正

きつねうどん

年表 江戸時代・明治時代初め この時代から、きつねうどんがあったともされている。 1893年(明治26年) 宇佐美要太郎が、松屋町にある大阪ずしの専門店「たこ竹」で修行していたが独立し、うどん屋の「ウサミ亭松葉屋」を開業...
大正

伊勢うどん

年表 江戸時代以前 始まりは、伊勢地方の農民が、味噌を作る途中でできた「たまり」をうどんにかけたことに端を発するとされる。 江戸時代前後 この頃、先祖が神宮の神楽役人「小倉太夫」である浦田町橋本屋七代目の小倉小兵が、初め...
大正

味噌煮込みうどん

年表 明治初頭 当時、岐阜県の一宮は織物産業が盛んであり、織物工場の織り子さんの昼食として、真清田神社近くの「市場屋」が、味噌煮込みうどんを始める。 明治終わり 尾張一宮のうどん屋が名古屋に来て講演会を開き、この地の名物...
タイトルとURLをコピーしました