イギリス人

人物

ハリー・パークス

幕末に駐日英国公使を務め、幕府や新政府と交渉を行ったイギリス人外交官である「ハリー・パークス」のページです。
人物

エドモンド・モレル

明治時代にお雇い外国人として来日し、日本の鉄道の礎を築いた鉄道技術者である「エドモンド・モレル」のページです。
人物

キャスリーン・メアリー・ドリュー=ベーカー

日本人に海苔の生態を伝え、海苔の人工養殖技術開発に貢献したことから、「海苔養殖の母」などと呼ばれるイギリス人藻類学者である「キャスリーン・メアリー・ドリュー=ベーカー」のページです。
人物

ジョサイア・コンドル

明治時代に来日し、日本人建築家の育成や、「鹿鳴館」などの設計を行い、日本建築界の基礎を築いた建築家である「ジョサイア・コンドル」のページです。
人物

C・W・ニコル

小説『風を見た少年』やエッセイなどを著し、環境保護活動を行ったイギリス生まれの作家である「C・W・ニコル」のページです。
人物

バーナード・リーチ

戦前より来日し、柳宗悦の民芸運動にも参加、日本とイギリスの陶芸を融合した独自の作風を開いたイギリス人陶芸家である「バーナード・リーチ」のページです。
人物

ハンナ・リデル

明治時代に、熊本で初めてハンセン病の病院・回春病院を開設したイギリス人宣教師である「ハンナ・リデル」のページです。
人物

ジョン・バチェラー

明治時代に、アイヌ人教育のため「相愛学校」の設立などを行い、「アイヌの父」と呼ばれた宣教師である「ジョン・バチェラー」のページです。
人物

コンウォール・リー

宣教師として来日し、聖バルナバ・ホームの創設など、ハンセン病患者のために尽力したイギリス人女性である「コンウォール・リー」のページです。
人物

アーサー・ヘスケス・グルーム

幕末から明治時代にかけて六甲山の開発に尽力し、「六甲山開祖」と呼ばれたイギリス人実業家である「アーサー・ヘスケス・グルーム」のページです。