探検家

人物

後藤猛太郎

明治時代に、日本で初めて南洋群島を探検し、その後、「品川馬車鉄道」「日本活動フィルム」などを設立した実業家である「後藤猛太郎」のページです。
人物

河口慧海

明治時代に、梵語原典やチベット語訳仏典の入手を決意し、日本人で初めてチベットに渡った僧侶・探検家・仏教学者である「河口慧海」のページです。
人物

松浦武四郎

江戸時代後期に、蝦夷地を探検、「北海道」という地名を命名し、アイヌ民族・アイヌ文化の研究なども行った探検家である「松浦武四郎」のページです。
人物

近藤重蔵

江戸時代に、間宮林蔵、平山行蔵と共に「文政の三蔵」と呼ばれ、何度も蝦夷地を調査・探検したが、鎗ヶ崎事件で大溝藩に配流された幕臣である「近藤重蔵」のページです。
人物

間宮林蔵

「文政の三蔵」の1人であり、樺太が島である事を確認し、間宮海峡を発見した江戸時代後期の探検家である「間宮林蔵」のページです。
人物

松田伝十郎

間宮林蔵と共に樺太を探検し、樺太見聞の実測図を作成した江戸時代の幕臣・探検家である「松田伝十郎」のページです。
人物

白瀬矗

日本人で初めて南極探検を行った探検隊長・帝国陸軍軍人である白瀬矗のページです。
タイトルとURLをコピーしました