日本画

人物

川合玉堂

四条派と狩野派を巧みに融和させた独自の画風で、『行く春』『彩雨』などを制作した日本画家である「川合玉堂」のページです。
人物

望月玉泉

幸野楳嶺らと京都府画学校の設立を請願するなど、明治・大正時代に活躍した四条派の画家である「望月玉泉」のページです。
人物

下村観山

横山大観・安田靫彦などと日本美術院を再興し、『白狐』『弱法師』『春雨』などを制作した戦前の画家である「下村観山」のページです。
人物

橋本雅邦

狩野芳崖と共に、洋画の手法を取り入れ、『白雲紅樹』などを制作し、明治時代の日本画の革新を行った画家である「橋本雅邦」のページです。
人物

寺崎広業

明治・大正時代に水彩画・大和絵・南画の折衷による新たな風景画を模索し、『秋苑』『大仏開眼』などを制作した画家である「寺崎広業」のページです。
人物

篁牛人

仏教や老荘思想などを画題に、渇筆技法で独自の水墨画を描いた昭和の画家である「篁牛人」のページです。
人物

河鍋暁斎

浮世絵師であるが、狩野派の流れを受けながら他の流派・画法も貪欲に取り入れ、自らを「画鬼」と称した幕末・明治時代の画家である「河鍋暁斎」のページです。
人物

益田玉城

女性風俗を扱った美人画を得意とした大正・昭和時代の画家である「益田玉城」のページです。
人物

幸野楳嶺

『帝釈試三獣図』『秋日田家図』などを描き、教育者として弟子の育成にも尽力した日本画家である「幸野楳嶺」のページです。
人物

川端玉章

明治時代に活躍し、川端画学校を開設するなど後進の育成に努めた日本画家である川端玉章のページです。
タイトルとURLをコピーしました