藩主

人物

小笠原忠真

小笠原秀政の子で松本藩主を継承し、その信から、西国の押さえとして、明石藩主・小倉藩主となった人物である「小笠原忠真」のページです。
人物

水野勝成

徳川家康に仕え、数々の戦で功を挙げ、小田原藩主となるが、改易に処せられた戦国大名である「水野勝成」のページです。
人物

牧野康成(1555年生)

徳川家康に仕え、数々の武功で大胡を領することになるが、第二次上田合戦での失態から蟄居処分になった戦国大名である「牧野康成」のページです。
人物

大久保忠隣

徳川家康に仕え、数々の戦で功を挙げ、小田原藩主となるが、改易に処せられた戦国大名である「大久保忠隣」のページです。
人物

毛利秀元

毛利輝元の養子となり、朝鮮出兵などに従事、関ヶ原の戦い後、長府藩の初代藩主となった戦国大名である「毛利秀元」のページです。
人物

平岡頼勝

浪人であったが、豊臣秀吉に見出され、小早川秀秋の家臣となり、後に徳野藩初代藩主となった戦国大名・武将である「平岡頼勝」のページです。
人物

相良頼房

相良氏第20代当主で、島津氏に従属・家臣となるが、関ヶ原の戦いで反旗を翻し東軍についた戦国大名である「相良頼房」のページです。
人物

本多忠朝

大多喜藩の第2代藩主で、大坂冬の陣での失敗・敗退を挽回しようと、大坂夏の陣で奮戦し、戦死した戦国大名である「本多忠朝」のページです。
人物

亀井茲監

津和野藩主として、学問を奨励し、維新後の新政府では宗教関係の行政に携わった人物である「亀井茲監」のページです。
人物

本多正信

徳川家康・徳川秀忠の2代にわたり、側近として幕政の中枢で働いた戦国大名・玉縄藩主である「本多正信」のページです。