フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


高野長英

高野長英

  たかのちょうえい
1804年(文化元年)5月5日~1850年(嘉永3年)10月30日

江戸時代に開国を説き、処罰された江戸時代の蘭学者・医学者



概要

 江戸時代の医者・蘭学者である。
 江戸や長崎で医学や蘭学を学び、江戸で蘭学塾を開業。モリソン号事件に伴い、異国船打払令を批判した。
 しかし、蛮社の獄が起こり、一度捕まるが脱獄。数年間の脱獄生活を経て、江戸で捕えられ死去する。


年表

高野長英に関する年表・年譜です。

西暦(年号) 年齢 出来事
1804年
(文化元年)
1歳 水沢伊達氏家臣・後藤実慶の子として、生まれる。
1820年
(文政3年)
17歳 江戸で、杉田伯元・吉田長淑に学ぶ。
シーボルトの鳴滝塾で医学・蘭学を学ぶ。
1828年
(文政11年)
25歳 シーボルト事件
1830年
(天保元年)
27歳 江戸・麹町で、町医者として蘭学塾を開業
1832年
(天保3年)
29歳 尚歯会に入会
1837年
(天保8年)
34歳 モリソン号事件
1839年
(天保10年)
36歳 蛮社の獄
1844年
(弘化元年)
41歳 牢屋敷の火災に乗じて脱獄
1850年
(嘉永3年)
47歳 江戸で捕えられ、死去
(※)年齢は、満年齢ではなく数え年


文献

高野長英に関する文献・著書です。

favicon-book鶴見俊輔「高野長英 (朝日選書 (276))

favicon-book佐藤昌介「高野長英 (岩波新書)


ゆかりの地・施設

高野長英に関する施設やゆかりの地です。

高野長英記念館

高野長英に関する博物館である。

favicon-museum高野長英記念館(岩手県奥州市水沢区中上野町1−9)


高野長英終焉の地

スパイラルホールの片隅に高野長英終焉の地として石碑が立っている。

favicon-monument高野長英終焉の地(東京都港区南青山5丁目6−23)


高野長英の顕彰碑

善光寺内に高野長英に関する碑が立っている。

favicon-monument高野長英の顕彰碑(東京都港区北青山3丁目5−17 善光寺内)


現在地
ルートを検索




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告


コンテンツ