フォロー





 RSS登録

カテゴリー

人物人物 (47)
出来事出来事 (14)
制度制度 (8)
飲食物飲食物 (18)
農産物農産物 (53)
会社会社 (1)
施設施設 (9)
地域地域 (3)
広告


武田信玄

武田信玄

  たけだしんげん
別名:太郎(幼名)、武田晴信
1521年12月1日(大永元年11月3日)~1573年5月13日(元亀4年4月12日)

戦国時代に甲斐・信濃などを治めた戦国武将



概要

 戦国時代の甲斐(現在の山県)の戦国大名である。
 甲斐守護・武田家の嫡男として生まれ、父親である武田信虎を追放、武田家を継ぎ、甲斐一円を支配する。その後北上し、砥石崩れなどで敗北しながらも村上義清を追いやり、上杉謙信とは5度川中島で戦いながら、信濃全域を治める。桶狭間の戦いで今川義元亡き後、弱体化した今川家に対して駿河へ侵攻し、支配下に置くことに成功する。
 1971年(元亀2年)に上洛を図るため、西上作戦をとり、三方ヶ原の戦いで徳川家康を打ち破るが、その途上で死去。


年表

武田信玄に関する年表・年譜です。

西暦(年号) 年齢 出来事
1521年
(大永元年)
1歳 甲斐国守護の武田信虎の嫡男として、甲斐国・要害山城で生まれる。
1536年
(天文5年)
16歳 元服し、武田晴信と名乗る。
1541年
(天文10年)
22歳 武田信虎を追放し、武田家の家督を相続する。
1542年
(天文11年)
23歳 信濃諏訪に侵攻し、諏訪頼重を自害させ、諏訪を平定する(その後も信濃南部を平定していく)
1544年
(天文13年)
25歳 伊奈郡に侵攻し、箕輪城を攻略
1547年
(天文16年)
28歳 6月 「甲州法度之次第」を制定
1548年
(天文17年)
29歳 2月 村上義清と戦い、敗北する(上田原の戦い)
4月 小笠原長時が諏訪に侵攻
7月 諏訪に侵攻してきた小笠原長時を撃退する(塩尻峠の戦い)
1550年
(天文19年)
31歳 7月 小笠原領に侵攻し、小笠原長時は逃走(中信制圧)
9月 村上義清の砥石城を攻めるが敗北(砥石崩れ)
1553年
(天文22年)
34歳 第1次川中島の戦い
1555年
(天文24年)
36歳 第2次川中島の戦い
北木曾郡に攻め、木曾義昌を降伏させる
1557年
(弘治3年)
38歳 第3次川中島の戦い
1559年
(永禄2年)
40歳 出家し「信玄」と号する
1561年
(永禄4年)
42歳 第4次川中島の戦い
1564年
(永禄7年)
45歳 第5次川中島の戦い
1565年
(永禄8年)
46歳 長男・義信の謀反発覚
1566年
(永禄9年)
47歳 箕輪城を落とす(上野西部を平定)
1567年
(永禄10年)
48歳 長男・義信に切腹を命じ、駿河との同盟関係を破棄
1568年
(永禄11年)
49歳 駿河に侵攻する
1569年
(永禄12年)
50歳 10月1日 小田原城を包囲
10月8日 三増峠の戦い
1571年
(元亀2年)
52歳 甲相同盟復活
1572年
(元亀3年)
53歳 10月 織田信長討伐を行うため、甲府を出発
12月19日 二俣城の戦い
12月22日 三方ヶ原の戦い
1573年
(元亀4年)
54歳 1月 三河への侵攻開始
2月 野田城の戦い
4月12日 死去


名言

武田信玄による名言・至言です。

人は城、人は石垣、人は堀、情は味方、讎(あだ)は敵なり。

『甲陽軍鑑』


諸侍を思ふこと、人の只喉の乾くに、飲み物を好む如くに、存ずること肝要なり

『名将言行録』


人は少し鈍なる者を、仕入たるが善き

『名将言行録』


我が人を使ふは、人をば使はず、其業を使ふなり。又政事にも業を到せり、悪き業のなき如くに人を使へばこそ、心地はよけれ

『名将言行録』


凡そ士たる者、百人の中九十九人に誉めらるゝ者は、善き者にあらず、軽薄者か、才覚者か、盗人か、侫人か、此四つの内なり

『名将言行録』


人は遠慮の二字肝要なり、遠慮さへあれば、分別にも成れり

favicon-pencil

遠慮は現在の意味とは異なり、深く考えるといった意味だと思われる。


功なき時は、名を取る

『名将言行録』


晴信、旨趣相違(しいしゅそうい)の事あらば、貴賤を選ばず、目安をもって申すべし

『甲州法度之次第』最終条

favicon-pencil

自分自身も法を犯したらならば、遠慮なく申せということ。


弓矢の儀、取り様の事、四十より内は勝つやうに、四十より後は負けざるやうに。

『甲陽軍鑑』

favicon-pencil

人生50年と言われた時代の40歳なので、現在とは意味は異なるだろうが、合戦は40よりも若いときは勝ちをめざし、40より老齢になれば負けないようにすべきであるという意味である。


凡そ軍勝五分を以て上となし、七分を以て中となし、十分を以て下と為す。
その故は五分は励を生じ七分は怠を生じ十分は驕を生じるが故。
たとへ戦に十分の勝ちを得るとも、驕を生じれば次には必ず敗るるものなり。
すべて戦に限らず世の中の事この心掛け肝要なり


文献

武田信玄に関する文献・著書です。

favicon-book奥野高広「武田信玄 (人物叢書 新装版)

favicon-book

鴨川達夫「武田信玄と毛利元就―思いがけない巨大な勢力圏 (日本史リブレット人)

favicon-book鴨川達夫「武田信玄と勝頼―文書にみる戦国大名の実像 (岩波新書)

favicon-book柴辻俊六編「新編 武田信玄のすべて


小説

武田信玄を主人公とした小説です。

favicon-book新田次郎「武田信玄 風の巻 (文春文庫)

favicon-book新田次郎「武田信玄 林の巻 (文春文庫)

favicon-book新田次郎「武田信玄 火の巻 (文春文庫)

favicon-book新田次郎「武田信玄 山の巻 (文春文庫)

favicon-book土橋治重「武田信玄 (時代小説文庫)


マンガ

武田信玄を主人公としたマンガです。

favicon-book横山光輝「武田信玄 (講談社漫画文庫) 【コミックセット】

favicon-bookさいとうたかを「武田信玄(新田次郎) コミック 1-6巻セット (SPコミックス)


ドラマ

武田信玄を主人公としたドラマです。

favicon-movie中井貴一主演「NHK 大河ドラマ 武田信玄 完全版 第壱集 [DVD]

favicon-movie中井貴一主演「NHK大河ドラマ 武田信玄 完全版 第弐集 [DVD]


ゆかりの地・施設

武田信玄に関する施設・ゆかりの地です。

名称 住所 備考
武田神社 県甲府市古府中町2611
八幡原史跡公園 長野県長野市小島田町1384−1 川中島古戦場
長野市立博物館 長野県長野市小島田町1414(八幡原史跡公園内)
犀ヶ崖資料館 静岡県浜松市中区鹿谷町25−10


現在地
ルートを検索


参考

favicon-book岡谷繁実「名将言行録 (1) (岩波文庫)

favicon-book本郷和人「名将の言葉  ─武人の生き様と美学





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告


コンテンツ