元老

   

 元老とは、戦前の明治・大正・昭和時代にあった役職で、明治維新の際に功労があった者である。
 天皇を補佐し、国家の意思決定に重要な影響を及ぼした。

 元老としては、明治期に伊藤博文・黒田清隆・山縣有朋・松方正義・井上馨・西郷従道・大山巌の7名が元老とみなされ、大正期に桂太郎と西園寺公望が加わった。

  • 伊藤博文
  • 黒田清隆
  • 山縣有朋
  • 松方正義
  • 井上馨
  • 西郷従道
  • 大山巌
  • 桂太郎
  • 西園寺公望

コメント

タイトルとURLをコピーしました