職制(江戸幕府)

スポンサーリンク

概要

 江戸時代の職制としては、将軍を頂点として、次のようなものがある。


江戸幕府の職制

江戸幕府の職制

(参考)児玉幸多編「日本史年表・地図」、吉川弘文館、2008年


職名 読み方 概要
大老 たいろう 江戸幕府の政務を統括する最高責任者。
ただし、常に設置はされておらず、設置された場合も1名のみがこの役職に就いた。
老中 ろうじゅう 通常、江戸幕府の政務を統括する役職である。3~5人任じられ、若年寄の補佐を受け、日常の政務を執行する。
月番制が採られているが、何かを決定するときには合議で行われる。
側用人 そばようにん 将軍側近の最高職である。将軍を補佐し、将軍と老中の取り次ぎを行った。
若年寄 わかどしより 将軍家の家政を担当する役職である。
寺社奉行 じしゃぶぎょう 全国の宗教統制や寺社領の管理などを行う役職である。
奏者番 そうしゃばん 城中において、武家に関する儀式や典礼を行う役職である。
京都所司代 きょうとしょしだい 幕府の京都における出先機関の長官である。
朝廷を監視する共に、京都の民政・司法を担当した。
大坂城 おおさかじょうだい 大坂城を預かり、西国大名の監視や城の警護などを行う役職である。
大坂定番 おおさかじょうばん 大坂城番とも書かれ、大坂城代を補佐して、大坂城の警備を行った。
側衆 そばしゅう 将軍の側近であり、将軍の警護や老中との取り次ぎを行った。
高家 こうけ 幕府において儀式や典礼を司る役職である。
留守居 るすい 大奥の取り締まり、関所女手形の発行、江戸城諸門の通行証の発行を管轄する役職である。
大目付 おおめつけ 大名の監察を行う役職である。
大番頭 おおばんがしら 江戸城の警備にあたる役職である。
町奉行 まちぶぎょう 町奉行所の長官で、寺社地・武家地を除いた江戸の行政を担当した役職である。
町触(まちぶれ)と呼ばれる法令を出して、警察・司法業務を行った。
勘定奉行 かんじょうぶぎょう 勘定所の長官で、幕府の財政を担当すると共に、天領の民政・徴税・司法などにもあたった。
普請奉行 ふしんぶぎょう 城の石垣普請や縄張りを司る役職である。
作事奉行 さくじぶぎょう 幕府において、造営修繕の管理を掌った役職である。
小普請奉行 こぶしんぶぎょう 江戸城、寛永寺、増上寺などの建築・修繕などを行った役職である。
遠国奉行 おんごくぶぎょう 幕府の直轄都市の行政と司法を担当した役職である。
ただ、遠国奉行という役職があるわけではなく、三奉行・下三奉行と区別するために呼ばれたものである。


三奉行

概要

 三奉行(さんぶぎょう)とは、寺社奉行、町奉行、勘定奉行の総称である。


下三奉行

概要

 下三奉行(しもさんぶぎょう)とは普請奉行、作事奉行、小普請奉行の総称である。


その他

遠国奉行

 遠国奉行とは、幕府の直轄都市の行政・司法の責任者である。
 遠国奉行を席次順に並べると次のようになる。

奉行名 役料・役高 官位
長崎奉行 4402俵1斗 諸大夫役
京都町奉行 1500石高 諸大夫役
大坂町奉行 1500石高 諸大夫役
山田奉行 1000石高 諸大夫役
日光奉行 2000石高 諸大夫役
奈良奉行 1000石高 諸大夫役
駿府町奉行 1000石高 布衣役
浦賀奉行 1000石高 布衣役
佐渡奉行 1000石高 布衣役
(※)この他、幕末には新潟奉行・箱館奉行も置かれた。


(参考)山本博文「なるほど! 大江戸事典」、綜合社、2010年

スポンサーリンク
江戸
れきこん

コメント

  1. 佐藤邦彦 より:

    大いに参考になります。
    江戸幕府の職制の読み方で、『大番頭』の読みは『おおばんとう』ではなく、『おおばんがしら』 ではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました