戦争文学

   

 日中戦争において、多くの作家が、軍人もしくは従軍作家として参加し、戦争について描いた戦争文学というものが生まれた。
 内容・評価については、人それぞれだろうが、次のようなものが戦争文学として、有名である。

  • 火野葦平「麦と兵隊」
  • 火野葦平「土と兵隊」
  • 火野葦平「花と兵隊」
  • 石川達三「生きてゐる兵隊」

コメント

タイトルとURLをコピーしました