桂内閣

   

第1次桂内閣

歴代11代目となる桂太郎を内閣総理大臣とした内閣である。
期間としては、1901年(明治34年)6月2日~1906年(明治39年)1月7日。

役職 氏名 備考
内閣総理大臣 桂太郎
外務大臣 明治34年6月2日~明治34年9月21日 曾禰荒助(臨兼)
明治34年9月21日~明治39年1月7日 小村壽太郎
内務大臣 明治34年6月2日~明治36年7月15日 内海忠勝
明治36年7月15日~明治36年10月12日 兒玉源太郎
明治36年10月12日~明治37年2月20日 桂太郎(兼)
明治37年2月20日~明治38年9月16日 芳川顯正
明治38年9月16日~明治39年1月7日 清浦奎吾(兼)
大蔵大臣 曾禰荒助
陸軍大臣 明治34年6月2日~明治35年3月27日 兒玉源太郎(兼)
明治35年3月27日~明治39年1月7日 寺内正毅
海軍大臣 山本權兵衞
司法大臣 明治34年6月2日~明治36年9月22日 清浦奎吾
明治36年9月22日~明治39年1月7日 波多野敬直
文部大臣 明治34年6月2日~明治36年7月17日 菊池大麓
明治36年7月17日~明治36年9月22日 兒玉源太郎(兼)
明治36年9月22日~明治38年12月14日 久保田讓
明治38年12月14日~明治39年1月7日 桂太郎(兼)
農商務大臣 明治34年6月2日~明治36年7月17日 平田東助
明治36年7月17日~明治36年9月22日 清浦奎吾(兼)
明治36年9月22日~明治39年1月7日 清浦奎吾
逓信大臣 明治34年6月2日~明治36年7月17日 芳川顯正
明治36年7月17日~明治36年9月22日 曾禰荒助(兼)
明治36年9月22日~明治39年1月7日 大浦兼武
内閣書記官長 柴田家門
法制局長官 明治34年6月2日~明治35年9月26日 奥田義人
明治35年9月26日~明治39年1月7日 一木喜德郎
(注)(兼)は兼任、(臨兼)は臨時兼務を示している。


第2次桂内閣

歴代13代目となる桂太郎を内閣総理大臣とした内閣である。
期間としては、1908年(明治41年)7月14日~1911年(明治44年)8月30日。

役職 氏名 備考
内閣総理大臣 桂太郎
外務大臣 明治41年7月14日~明治41年8月27日 寺内正毅(臨兼)
明治41年8月27日~明治44年8月30日 小村壽太郎
内務大臣 平田東助
大蔵大臣 桂太郎(兼)
陸軍大臣 寺内正毅
海軍大臣 齋藤實
司法大臣 岡部長職
文部大臣 小松原英太郎
農商務大臣 大浦兼武
逓信大臣 後藤新平
内閣書記官長 明治41年7月14日~明治44年5月5日 柴田家門
明治44年5月5日~明治44年8月30日 柴田家門(兼)
法制局長官 安廣伴一郎
(注)(兼)は兼任、(臨兼)は臨時兼務を示している。


第3次桂内閣

歴代15代目となる桂太郎を内閣総理大臣とした内閣である。
期間としては、1912年(大正元年)12月21日~1913年(大正2年)2月20日。

役職 氏名 備考
内閣総理大臣 桂太郎
外務大臣 大正元年12月21日~大正2年1月29日 桂太郎(兼)
大正2年1月29日~大正2年2月20日 加藤高明
内務大臣 大浦兼武
大蔵大臣 若槻禮次郎
陸軍大臣 木越安綱
海軍大臣 齋藤實
司法大臣 松室致
文部大臣 柴田家門
農商務大臣 仲小路廉
逓信大臣 後藤新平
内閣書記官長 江木翼
法制局長官 一木喜德郎
(注)(兼)は兼任、(臨兼)は臨時兼務を示している。


参考

favicon-web首相官邸「内閣制度と歴代内閣

※他の内閣については「歴代内閣」を参照のこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました