寺内内閣

   

歴代18代目となる寺内正毅を内閣総理大臣とした内閣である。
期間としては、1916年(大正5年)10月9日~1918年(大正7年)9月29日。

役職 氏名 備考
内閣総理大臣 寺内正毅
外務大臣 大正5年10月9日~大正5年11月21日 寺内正毅(臨兼)
大正5年11月21日~大正7年4月23日 本野一郎
大正7年4月23日~大正7年9月29日 後藤新平
内務大臣 大正5年10月9日~大正7年4月23日 後藤新平
大正7年4月23日~大正7年9月29日 水野錬太郎
大蔵大臣 大正5年10月9日~大正5年12月16日 寺内正毅(兼)
大正5年12月16日~大正7年9月29日 勝田主計
陸軍大臣 大島健一
海軍大臣 加藤友三郎
司法大臣 松室致
文部大臣 岡田良平
農商務大臣 仲小路廉
逓信大臣 田健治郎
内閣書記官長 兒玉秀雄
法制局長官 有松英義
(注)(兼)は兼任、(臨兼)は臨時兼務を示している。


参考

favicon-web首相官邸「内閣制度と歴代内閣

※他の内閣については「歴代内閣」を参照のこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました