若槻内閣

   

第1次若槻内閣

歴代25代目となる若槻禮次郎を内閣総理大臣とした内閣である。
期間としては、1926年(大正15年)1月30日~1927年(昭和2年)4月20日。

役職 氏名 備考
内閣総理大臣 若槻禮次郎
外務大臣 幣原喜重郎
内務大臣 大正15年1月30日~大正15年6月3日 若槻禮次郎(兼)
大正15年6月3日~昭和2年4月20日 濱口雄幸
大蔵大臣 大正15年1月30日~大正15年6月3日 濱口雄幸
大正15年6月3日~大正15年9月14日 早速整爾
大正15年9月14日~昭和2年4月20日 片岡直温
陸軍大臣 宇垣一成
海軍大臣 財部彪
司法大臣 江木翼
文部大臣 岡田良平
農林大臣 大正15年1月30日~大正15年6月3日 早速整爾
大正15年6月3日~昭和2年4月20日 町田忠治
商工大臣 大正15年1月30日~大正15年9月14日 片岡直温
大正15年9月14日~昭和2年4月20日 藤澤幾之輔
逓信大臣 安達謙藏
鉄道大臣 大正15年1月30日~大正15年6月3日 仙石貢
大正15年6月3日~昭和2年4月20日 井上匡四郎
内閣書記官長 塚本清治
法制局長官 山川端夫
(注)(兼)は兼任、(臨兼)は臨時兼務を示している。


第2次若槻内閣

歴代28代目となる若槻禮次郎を内閣総理大臣とした内閣である。
期間としては、1931年(昭和6年)4月14日~1931年(昭和6年)12月13日。

役職 氏名 備考
内閣総理大臣 若槻禮次郎
外務大臣 幣原喜重郎
内務大臣 安達謙藏
大蔵大臣 井上準之助
陸軍大臣 南次郎
海軍大臣 安保清種
司法大臣 渡邊千冬
文部大臣 田中隆三
農林大臣 町田忠治
商工大臣 櫻内幸雄
逓信大臣 小泉又次郎
鉄道大臣 昭和6年4月14日~昭和6年9月10日 江木翼
昭和6年9月10日~昭和6年12月13日 原脩次郎
拓務大臣 昭和6年4月14日~昭和6年9月10日 原脩次郎
昭和6年9月10日~昭和6年12月13日 若槻禮次郎(兼)
内閣書記官長 川崎卓吉
法制局長官 昭和6年4月15日~昭和6年11月8日 武内作平
昭和6年11月9日~昭和6年12月13日 齋藤隆夫
(注)(兼)は兼任、(臨兼)は臨時兼務を示している。


参考

favicon-web首相官邸「内閣制度と歴代内閣

※他の内閣については「歴代内閣」を参照のこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました